2015年9月26日

歴史を学びながら古城を楽しもう。関東で行ってほしいオススメお城5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小田原城

お城と言えば、どこのお城を思い浮かべますか?

世界遺産の姫路城、関西に行ったら立ち寄りたい大阪城、市庁舎もお城みたいな名古屋城など、有名なお城は数多くあります。今回紹介するのは、そんな数あるお城の中でも関東で行って欲しいオススメのお城5選です。

1.小田原城(おだわらじょう)

【住所】神奈川県小田原市城内6-1

小田原へ行ったら必ずいく歴史観光スポット。室町時代から江戸時代にかけて、北条氏の本拠地として活躍したお城です。

現在は、2016年3月までは耐震工事が行われているため、天守閣への入館ができなくなっています。天守閣は見れませんが、小田原城の歴史に触れることはできます。その期間中でも、小田原城歴史見聞館や遊園地、城址公園内他施設は利用可能です。

小田原城の最大の強みは、広大な外郭でした。過去には、八幡山から海側まで9kmの土塁と空堀で取り囲まれており、当時の豊臣秀吉を脅かすほどの守りを誇っていました。現在はお城の北西部に遺溝が残っています。

小田原はお城だけでなく、近郊の魚介料理も絶品です。一度でニ度美味しい小田原城へ行ってみましょう。

2.甲府城(こうふじょう)

【住所】山梨県甲府市丸の内1-5-4

山梨県史跡に指定されている甲府城は、舞鶴城と呼ばれ親しまれています。築城当時は黒い板張りのお城でしたが、江戸時代の改修工事にて、白い塗り壁になったことから、そのように呼ばれています。

築城された経緯は、過去に豊臣秀吉が、関東に拠点を置く徳川家康に対抗するためと言われています。江戸時代になると、徳川体制になったことにより、甲府城より西側を牽制する拠点として構えていました。

3.逆井城(さかさいじょう)

【住所】茨城県坂東市逆井1262番地

今から400年以上前に後北条氏によって、当時の北関東へ攻めるための拠点として築城されました。豊臣秀吉によって、小田原城の後北条氏が攻め落とされたため、それ以降は廃城となっていますが、土塁と外堀は現存しています。

現在は逆井城後公園の中に、お城があります。散策をすれば、あたかも戦国時代にタイムスリップしたような感覚を味わえるのが醍醐味です。

4.万木城(まんぎじょう)

【住所】千葉県いすみ市万木834

このお城は戦国時代に土岐氏によって築かれた、房総で有名なお城。現在は万木城跡公園内に、居館跡だとされている平坦地や土塁の一部が残されています。天守閣が現存しているわけではありませんが、公園内にある展望塔からは、周囲の景観を一望できます。当時の目線で見れるので、あたかもお城に登った気になれます。地元の田園風景を見渡し、天気が良い日には富士山も見ることができます。

公園内にはハイキングコースもあります。ゆっくり散歩をしながら、当時のお城の攻めにくさを体感してみてはいかがでしょうか。

5.関宿城(せきやどじょう)

【住所】千葉県野田市関宿三軒家143-4

利根川と江戸川に囲まれた、関東平野の真ん中に築城しているお城。当時は、利根川を利用した物流が強みであり、関東において重要拠点として構えていました。

現在は千葉県立関宿城博物館として営業をしています。もともとあったお城ではありませんが、古い記録に基づいて天守閣は、再現されているので迫力満点。

「河川とそれにかかわる産業」をテーマに、過去の歴史の紹介や、地域の人々と川の関係についての展示がされています。ただ単に、建築物としてお城を見るだけでなく、その当時のお城が築城される意義を知ってみてはいかがでしょうか。お城について、もっと知りたくなること間違いありません。

まとめ

お城は日本の建築文化の誇りです。紹介した5つのお城を訪れてみると、お城の作りや歴史の魅力にとりつかれることでしょう。他にも全国には立派なお城が数多くあります。あなたにとってお気に入りのお城を見つけてみてはいかがでしょうか。

 

follow us in feedly