2015年9月24日

人恋しい秋に行きたい関東でオススメの夕陽スポット5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
*野島埼灯台

気温も少しずつ寒くなり、秋が深まる季節がやってきました。スポーツの秋、食欲の秋、みんなが気になるのは、やはり恋の秋ではないでしょうか。すでに恋人がいる人も、いない人も、デートの選択肢に夕陽を見に行くことを検討してみてはどうでしょうか。

今回紹介するのは、美しい夕陽が見れるオススメスポットを5つ紹介します。

1.黄金岬 こがねざき(静岡・西伊豆)

【住所】静岡県西伊豆宇久須

夕陽に染まる岩肌が美しいことで有名な黄金崎。ここの岬は、静岡の天然記念物に指定されています。金色に輝く岩肌だけでなく、夕陽に染まる駿河湾や、富士山の眺めは素晴らしいの一言に尽きます。太陽が海に沈み始める数分の間は、魔法がかかったように夕陽だけを見続けてしまうことでしょう。

岬全体が公園になっていますので、安心して行けるのも人気の一つ。歩くには快適の遊歩道、疲れたら休める芝生の広場、絶景を眺めの良い角度で見れる展望台など。恋人同士で行くには、ちょうどいい夕陽スポットです。

2.野島埼灯台(千葉・白浜)

【住所】千葉県南房総市白浜町白浜630

房総半島の最南端にある灯台。昔のここのエリアの沖では、海難事故が多発していたため、明治2年に灯台が建てられました。野島埼は、もともとは野島という小島でしたが、過去の大地震による隆起によって陸続きとなり、現在の姿になりました。

こちらの灯台が「日本の灯台50選」に選ばれているのは、景観の素晴らしさにあります。

どこまでも続く太平洋に落ちる夕陽。少し冷たい風があなたの横を通り過ぎ、2人の距離を縮めてくれることでしょう。

3.館山夕陽桟橋(千葉・館山)

【住所】千葉県館山市1564-1地先

2010年4月に完成した日本最長を誇る桟橋。長さは海岸から、先端まで500mを有しており、訪れた人は最先端まで行くのに苦労すると思います。それでも時間をかけて、夕陽は見る価値はありあす。先まで行けば、周りには何もなく海だけです。

目の前の北上海岸に沈む夕陽に、見とれてしまうでしょう。

訪れた人々の休憩エリアとして「渚の駅たてやま」が近くにあります。そこには、館山湾を一望できる展望デッキや、ヒトデやナマコと触れ合える海辺の広場、地場の食材を使用した食事楽しんだり、お土産なでも買えます。

4.稲村ヶ崎海浜公園(神奈川・鎌倉)

【住所】神奈川県鎌倉市稲村ガ崎5丁目

サザンオールスターズの歌詞や、映画のロケ地としても有名なスポット。

鎌倉へ行った人は必ず行って欲しい場所の一つです。由比ケ浜と七里ケ浜の間にある稲村ケ崎は、鎌倉の南西部にあります。鎌倉から歩くとことも可能ですが、江ノ島電鉄を使い稲村ケ崎駅から歩くことをオススメします。海に突き出た岩場と、夕陽を撮影するために訪れるカメラマンが多いので、場所もすぐ分かります。

人気スポットのひとつである江ノ島や、世界に誇る富士山をバックに沈む夕陽は、何度見ても眺めた人の心を優しくさせてくれます。

5.三ツ石(神奈川・真鶴)

【住所】神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴地内

神奈川県の真鶴に三ツ石は「かながわの景勝50選」の一つであり、夕陽の絶景スポットでもあります。夕陽も美しいのですが、朝陽でも有名なスポットでもあります。名前の通り、三つ岩が海に浮かんでおり、その岩の間から太陽が顔を出してきます。ベストショットが見れる所は岩場がゴロゴロしているので、運動靴で行くことがオススメ。合わせて勾配のる長い階段もありますので、彼氏が彼女をフォローしてあげてください。今後、彼女はあなたのことを頼ってくれるでしょう。

まとめ

秋は寒くなり、人肌恋しくなる季節。デートするにも、選択肢が多い方が良いこと間違いなし。綺麗な夕陽を見ながら、恋を深めてみてはいかがでしょうか。

follow us in feedly