2015年8月30日

紅葉が見頃の季節は栃木県へ行こう。世界遺産日光のオススメスポット3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中禅寺湖

*中禅寺湖

夏が終わり、秋になると、今度は紅葉を見にいきたくなります。真っ赤に染まった山々は、冬になる前に見ておきたい景色です。今回は、栃木県にある日光を紹介します。

日光はユネスコ世界遺産の二社一寺(にしゃいちじ)があります。日光東照宮、日光二荒山神社、日光山輪王寺が、文化遺産として登録されています。世界遺産だけでなく、国宝や重要文化財も多く現存する日光は、多くの日本人が訪れたことがあるエリア。せっかく行くのでしたら、世界遺産だけでなく、日光の自然も満喫してみてはいかがでしょうか。
オススメスポット3選を紹介します。

1.日塩もみじライン

【アクセス】
栃木県日光市〜栃木県那須塩原市
鬼怒川温泉より塩原温泉へ抜ける有料道路の区間
【料金】
普通車600円・軽自動車400円・軽車両50円

もみじラインと名付けられているほど、この区間の紅葉シーズンの景観は見応えがあります。標高1000mにあるので、紅葉だけでなく、四季折々の景観も楽しめます。道路を覆う木々は、紅葉のトンネルをくぐっているような感覚。
立ち寄って欲しいスポットは、富士見展望台。紅葉が見頃の晴れの際は、遠くに富士山が見えることで有名です。
落ち葉によるスリップには、十分お気をつけて、自然鑑賞を楽しんでください。

2.中禅寺湖遊覧船

【住所】
〒321-1661
栃木県日光市中宮祠2478
【tel】
0288-55-0360
【営業時間】
船の駅 中禅寺湖始発:9時30分〜15時30分
(運行期間:4月第2土曜日〜11月30日)
【料金】
中禅寺湖一周 大人:1,250円(中学生以上)
小学生:630円

日本の湖沼の中で、25番目の大きさの面積をほこります。日本で一番標高の高い場所にある湖であり、栃木県で最も大きい湖でもあります。
外側から見るのではなく、湖上の上からの景色見てみましょう。船上に吹く風を受けながら、真っ赤に染まった雄大な山々を見る。遊覧船ならではの風景が、そこにはあります。
一周60分ほどのコースで、観光ガイドもあります。湖ですので、船もあまり揺れることがありません。船が苦手な人にもオススメです。

3.川治(かわじ)温泉

鬼怒川温泉から車で15分ほど行ったところに、川治温泉街があります。怪我に対して温泉の効能があり、昔から「傷は川治、火傷は滝(現在の鬼怒川)」と言われていました。近くには旅館やホテルもあります。疲れた身体を癒した後に、そのままリラックスもできるのが嬉しいです。
温泉に入る前に、もっとアクティビティしたい方には龍王峡(りゅうおうきょう)へのハイキングコースをオススメします。川の流れによって侵食された火山岩が、景観にダイナミックさを加えています。
他にも、歴史の史跡を辿る道祖神巡りコースや、山に登って温泉街を見下ろす平方山コースがあり、色々な景観も楽しめる温泉街でもあります。

まとめ

夏が過ぎたら、少し涼しくなってきます。外に出るには、気持ちの良い季節がやってきます。真っ赤に染まった紅葉の見頃は10月下旬〜11月上旬。
季節ならではの、雄大な景観を見にいきませんか。

follow us in feedly